構造

種類

■押入れ用襖<片面襖>

主に、押し入れ用に用いるものです。 片面にふすま紙、裏面は雲花紙(ウンカシ)が一般的です。

模様、柄、さまざまな種類を取り揃えております。

■間仕切り用襖<両面襖>

主に、出入り口用に用いるものです。

両面ふすま貼りの他、さまざまな用途に合わせた貼り方をすることもできます。

戸襖も製作可能です。戸襖とは、廊下や洋室側になる面を合板やクロス貼りなどで板戸に仕上げ和室側になる面をふすま紙で仕上げる商品です。

■天袋<片面襖>

主に、押し入れ上部の天袋用に用いるものです。

片面にふすま紙、裏側に雲花紙を貼るのが一般的です。模様、柄は押入のふすま紙の無地を使うのが一般的です。

■地袋<床の間用>

地袋(じぶくろ、ちぶくろ)とは、床の間もしくは、床の間の脇に設けた違い棚で、下部に設置された収納スペースのこと。

床の間の床脇棚として用いられるほか、仏間において仏壇の下に仏具収納として造付けられている場合が多いです。

一般的に地袋は、2引違、4枚引違が多く見受けられますが、仏壇下の場合、仏壇が観音開き(両開戸)であることから地袋も観音開きの袋戸が多く設けられている場合もあります。

上紙は無地か総柄が多く使われます。