塗るだけで木の延焼を防ぐSOUFA

■難燃・準不燃・不燃木材の製造用薬剤として

SOUFA(ソウファ)は難燃・準不燃・不燃については、高濃度の水溶液で木材を含浸することにより、強力な疎水槽を木材内部で形成し、酸素を遮断し、燃焼を防ぎます。

■燃焼実験でその効果を実証

杉材を使用した燃焼試験では、SOUFA(ソウファ)を塗装したものと、無塗装の無垢材に約5cmの距離からガスバーナーで同時に燃焼。

無垢材は燃焼開始からすぐに炎があがり延焼するが、SOUFA塗装は焦げ目もほとんど無い状態。

1分後、無垢材はの中心は完全に燃えているが、SOUFA塗装は若干焦げがある程度。

2分後、無垢材は完全に燃えている範囲が広がっているが、SOUFA塗装は1分後の焦げがある状態とほとんど変わらなかった。

SOUFA(ソウファ)は塗るだけで高い防炎効果がある高機能木材塗料です。

■生田神社、SOUFA講習会

生田神社で講習会、燃焼実験を行いました。

SOUFAを評価頂き、火が使えない境内で初の燃焼実験を実施できる事になりました。

これにより、SOUFAの防炎性能の高さが実証されました。